この記事の所要時間: 325

木に竹を接ぐ 意味 例文 使い方 類語 英語

 

皆さんは、
木に竹を接ぐ」という
「ことわざ」をご存知ですか?

「木」を使ったことわざは、
「猿も木から落ちる」などが有名ですね。

しかし、
「竹を接ぐ」という言い方は
なかなか聞かないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
「木に竹を接ぐ」の意味・語源・使い方
などを簡単に解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

木に竹を接ぐの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【木に竹を接ぐ(きにたけをつぐ)】

違う性質のものをつぎ合わせる。前後関係や筋が通らないことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

木に竹を接(つ)ぐ」とは、
前後の筋が通らないこと・不調和なこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

まるで木に竹を接ぐような言い訳だね。見苦しいよ。

この場合は、
筋が通っていないちぐはぐな言い訳
ということですね。

具体的には、

  • 理由や根拠がちゃんとしていない。
  • 「以前の発言」と「今の発言」が違う。

といったことが挙げられるでしょう。

 

このように、
前後のつじつまが合わない様子
「木に竹を接ぐ」と言うわけですね。

木に竹を接ぐの語源・由来

 

「木に竹を接ぐ」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

」という字は、
「接触」「接着剤」などがあるように、
くっつける・つなぎ合わせる」などの意味があります。

つまり、
「木に竹を接ぐ」とは、
「木と竹をつなぎ合わせる動作」を指しているわけですね。

 

実は、「」と「」は
似ているようで全く性質が異なります

したがって、
両者をつなぎ合わせることは非常に難しいのです。

 

転じて、
木に竹を接ぐ」=「不調和・ちぐはく
という意味になるわけですね。

スポンサーリンク

木に竹を接ぐの類語・英語訳

木に竹を接ぐ 類語 英語

 

「木に竹を接ぐ」の
「類語」は以下の通りです。

【水と油(みずとあぶら)】

決して混じり合わないこと。

「水」と「油」は性質が異なるため。

【水火器物(すいかうつわもの)を一つにせず】

性質の異なるものは調和しないこと。

「水」と「火」は、
同じ器には入らないため。

【氷炭相容れず(ひょうたんあいいれず)】

性質が反対で、合わないこと。

「氷」を「炭」に近づけると溶け、
「炭」を「氷」に近づけると湿るため。

いずれも、
お互いが調和しない
という意味が共通していますね。

 

また、「ことわざ」以外では
次の言葉も「類語」と言えるでしょう。

  • 取ってつける
  • ちぐはぐな
  • 違和感がある
  • 不自然な
  • 屁理屈の
  • 非合理的な

 

「取ってつける」とは、
「わざとらしい不自然な言動」という意味です。

非合理的」の意味は、
以下の記事を参照して下さい。

>>合理的とは?意味を簡単にわかりやすく解説

 

ちなみに、
「木に竹を接ぐ」は英語だと

be inconsistent」と言います。

「inconsistent」とは、
「矛盾した・一貫性がない」などの意味ですね。

 

例文だと、

His story was inconsistent.
(彼の話は一貫性がなかった)

のように使います。

スポンサーリンク

木に竹を接ぐの使い方・例文

 

最後に、
「木に竹を接ぐ」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 追いつめられた彼は、木に竹を接ぐような弁解をした。
  2. 木に竹を接ぐような説明はよしてくれ。
  3. あの兄弟は、木に竹を接ぐように息が合わない。
  4. 彼の提案は、木に竹を接ぐような内容だった。
  5. まるで木に竹を接ぐように、ちぐはぐな話だね。
  6. 木に竹を接ぐごとし、違和感のある建物だ。

 

「木に竹を接ぐ」は、
多くの場合否定的な意味で使います。

 

また、使い方としては、
木に竹」と省略したり、
木に竹を接ぐごとし」という言い方もよくします。

この場合も、
「意味としては全く同じ」と考えてください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

木に竹を接ぐ」=前後の筋が通らないこと・不調和なこと。

ということでしたね。

イメージとしては、
「木と竹をつなぐのは難しい」⇒「ちぐはぐ・不自然
と覚えておきましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク