この記事の所要時間: 632

 

今回は
形容詞」と「形容動詞
の違いを解説していきます。

 

この2つの言葉は
文法を学ぶ上でとても大事です。

そのため、
違いや見分け方・活用なども含めて
ていねいに説明していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

形容詞・形容動詞とは?

 

まずは、
おおまかな意味から説明します。

 

「形容詞」と「形容動詞」は、
どちらも人や物事の性質・状態を表す単語です。

 

具体例を出します。

  • 「動詞」⇒花が咲く
  • 「形容詞」⇒花が美しい
  • 「形容動詞」⇒花がきれいだ
  • 「形容動詞」⇒花がきれいです

 

上の例だと、
動詞「咲く」は花の動作を表しています。

一方で、
形容詞「美しい」や形容動詞「きれいだ」は、
花の性質や状態を表しています。

 

つまり、
「形容詞」や「形容動詞」は
「どうするか」ではなく「どんなであるか」を
表す単語ということですね。

 

では、おおまかな意味が分かったところで、
まずは共通点を確認しておきましょう。

 

以下が、
「形容詞」と「形容動詞」の共通点です。

  1. 性質・状態を表す
  2. 自立語で活用する
  3. 単独で述語や修飾語になれる
  4. 主語になることもある

 

「自立語」や「活用」「主語」などの意味は、
以下の記事を参照してください。

>>自立語と付属語の見分け方とは?簡単に解説

>>活用形とは?見分け方や覚え方を簡単に解説

>>主語・述語・修飾語を問題を使い解説!接続語や独立語も

 

まず、
「形容詞」と「形容動詞」はどちらも自立語なため、
それだけで述語や修飾語になれます。

(例)

  • 空が美しい。(述語)
  • 父はまじめだ。(述語)
  • 激しい雨が降る。(修飾語)
  • にぎやかな町に来る。(修飾語)

 

また、
主語にもなれるのが特徴です。

(例)

  • やさしいのが、彼女の長所だ。
  • 親切なのが、彼女の長所だ。

 

そして、
どちらも活用があるのが特徴です。

しかし、
この活用の仕方はそれぞれ異なるので
注意が必要です。

スポンサーリンク

形容詞と形容動詞の活用

 

では、それぞれの活用についてです。

ここからは、
「形容詞」と「形容動詞」は異なってきます。

 

まず、「形容詞」は、
未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形の5つに活用し、
命令形には活用しません。

そして、
活用の種類」は
かろ・かっ・く・い・い・けれ」の1種類です。

関連記事:>>活用の種類とは?見分け方や覚え方を簡単に解説

 

形容詞の活用の種類】

 未然形連用形終止形連体形仮定形命令形
(例)美しい-かろ-かっ
-く
-い-い-けれ×
主な後ろの語
ない
とき
こと
×

「形容詞」の場合は、1種類しかないので、
かろ・かっ・く・い・い・けれ
を丸暗記してしまうのが一番効率的です。

 

続いて、「形容動詞」です。

形容動詞」は「」で終わる場合、
未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形の5つに活用し、
命令形には活用しません。

形容動詞の活用の種類】

「だ」で終わる場合未然形連用形終止形連体形仮定形命令形
(例)きれいだーだろーだっ
ーで
ーに
ーだーなーなら×
主な後ろの語
ない
とき
こと
×

 

ただし、
です」で終わる場合は、
未然形・連用形・終止形・連体形の4つに活用し、
仮定形・命令形には活用しません。

「です」で終わる場合未然形連用形終止形連体形仮定形命令形
きれいですーでしょーでしーですーです××
主な後ろの語ので
のに
××

 

「形容動詞」の場合も丸暗記してしまいましょう。

だろ・(だっ・で・に)・だ・な・なら

「でしょ・でし・です・です」

 

一般的には、
「だ」で終わる方がよく出るので
まずはそちらを覚えておくのがよいです。

スポンサーリンク

形容詞と形容動詞の違い・見分け方

 

「形容詞」と「形容動詞」
の見分け方は簡単です。

 

言い切りの形が、

」で終われば形容詞

」「です」で終われば形容動詞

となります。

 

「言い切りの形」とは、
「終止形(基本の形)」のことですね。

例えば、
以下のような文があったとします。

  • 体が大きくなる  
  • 体が大きければいい 

 

この場合、
赤線部分を言い切りの形にすると、

「大きく」⇒「大き

「大きけれ」⇒「大き

となります。

 

すると、
後ろが「」で終わっているので
「形容詞」と判断できるわけです。

 

同じく、以下の文も
「言い切りの形」にしてみます。

  • さわやかな風が吹く
  • 風がさわやかに吹く

 

「さわやかな」⇒「さわやか

「さわやかに」⇒「さわやか

どちらも後ろが、
」で終わっていますよね?

 

もしも後ろを「い」にすると、
「さわやかい」となり
おかしな単語になってしまいます。

よって
「形容動詞」と判断できるわけです。

 

ここで注意すべきことは、
後ろが「だ」だからと言って、
必ず「形容動詞」になるとは限らない
ということです。

 

例えば、
以下のような文があったとします。

「もうすぐ夏だ。」

上の文は、
「夏(名詞)」+「だ(助動詞)
という成り立ちです。

 

つまり、
助動詞としての「だ」が来ることもある
ということですね。

これはよくある引っかけなので、
注意しましょう。

スポンサーリンク

問題で確認

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

 

以下に、問題を用意しました。

 

問題1

①形容詞は、人や物事の性質や
〔(ア)動作(イ)状態 〕を表す単語である。

②形容詞は、言い切りの形が
〔(ア)だ(イ)い(ウ)る(エ)す〕で終わる。

③形容動詞は、言い切りの形が
〔(ア)だ(イ)い(ウ)ん(エ)す〕で終わる。

④形容詞の活用形には、
〔(ア)未然形(イ)連用形(ウ)仮定形(エ)命令形 〕がない。

解答

①⇒(イ)②⇒(イ)③⇒(ア)④⇒(エ)

問題2

次のうち「形容詞」はどれか?

①(ア)走る(イ)楽しい(ウ)静かだ(エ)急に

②(ア)続いている(イ)苦しかったら
 (ウ)話せば(エ)きれいに使う

③(ア)簡単な問題だ。(イ)素直なひとだ。
 (ウ)丈夫に育つ。(エ)暗くて怖い。

解答

①⇒(イ)②⇒(イ)③⇒(エ)

「形容詞」は、
言い切りの形が「」で終わります。

それぞれを言い切りの形にすると、
以下のようになります。

①(ア)走る(イ)楽し(ウ)静かだ(エ)急だ

②(ア)続く(イ)苦し(ウ)話す(エ)きれいだ

③(ア)簡単だ(イ)素直だ(ウ)丈夫だ(エ)暗

問題3

次のうち「形容動詞」はどれか?

①(ア)かわいく(イ)固く(ウ)笑う(エ)元気な

②(ア)嫌な人と出会う。(イ)赤い花を見つける。
 (ウ)小さくまとまる。(エ)長くとどまる。

③(ア)よい天気だ。(イ)つまらなければ、却下だ。
 (ウ)6時で終了だ。(エ)水がきれいである。

解答

①⇒(エ)②⇒(ア)③⇒(エ)

「形容動詞」は、
言い切りの形が「」や「です」で終わります。

「言い切りの形」は、以下の通りです。

①(ア)かわいい(イ)固い(ウ)笑う(エ)元気

②(ア)嫌(イ)赤い(ウ)小さい(エ)長い

③(ア)・(ウ)⇒名詞+助動詞(イ)つまらない(エ)きれい

問題4

次の傍線部の活用形と品詞を答えなさい。

①馬肉は新鮮ならば、生でも食べられる。 

正直な人は、好感度が高い。

③外はもうすっかり明るかった。

好きになれば、結果は出やすい。

解答

①⇒仮定形・形容動詞(新鮮だ)

②⇒連体形・形容動詞(正直だ)

③⇒連用形・形容詞(明るい)

④⇒連用形・形容動詞(好きだ)

「形容詞」は、
「かろ・かっ・く・い・い・けれ」

「形容動詞」は、
「だろ・だっ・で・に・だ・な・なら」でしたね。

①=「なら」②=「な」③=「かっ」④=「に」

後ろの部分を覚えておけばすぐ解けるでしょう。

問題5

次の傍線部の空欄を当てはめて、
活用形を答えなさい。

①山の頂上は穏やか(  )風景だった。 

②絵が美し(  )ば、足を運ぼう。

③家具の位置が少し変(  )た。

④夜遅いので、眠(  )なってきた。

⑤失敗したら、みじめ(  )う。

解答

①⇒な・連体形②⇒けれ・仮定形③⇒だっ・連用形
④⇒く・連用形⑤⇒だろ・未然形

※補足
①③⑤は「形容動詞」②と④は「形容詞」となります。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

最後に、両者の違いを
改めて表で確認しておきましょう。

 

 形容詞形容動詞
言い切りの形「い」「だ」「です」
活用形5つ(命令形以外)5つ(命令形以外)
※「です」の時は4つ
活用の種類1種類2種類

分からない点がありましたら、
気軽にコメントの方でよろしくお願いします。

今回は以上です!

スポンサーリンク