この記事の所要時間: 455

 

皆さんは、
稼働率」と「可動率
の違いを説明できますか?

 

この2つの言葉は、
工場の生産ラインなどで使う
というイメージですね。

特に、製造業の人にとっては、
毎日使う大事な言葉ではないでしょうか?

 

そこで今回は、
稼働率と可動率の違い・意味・計算方法
などを丁寧に解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

稼働率とは?

 

まずは、
「稼働率」の意味です。

【稼働率/稼動率】

生産設備の総量に対して、実際に稼働している生産設備の比率。

出典:三省堂 大辞林

稼働率」とは、
フル稼働できる状態で、実際に働いていた割合のこと
だと思ってください。

具体例を出します。

 

A社の食品工場では、
1日で40000個のおにぎりを
生産する能力があります。

仮に、その日一日の生産個数が、
「36000個」だったとします。

 

この場合の「稼働率」は、
「36000個」/「40000個」=「90%」となるのです。

 

逆に、一日の生産個数が
「48000個」だったとしましょう。

この場合の「稼働率」は、
「48000個」/「40000個」=「120%
となるわけです。

 

つまり、「稼働率」とは、
実際に生産した個数」を
本来生産する予定の個数」で割った数値
ということですね。

 

一般的には、
「稼働率」は「100%付近が望ましい」
と言われています。

 

もしも「50%」のように低かった場合、
受注した量数に対して設備が多すぎることを意味します。

逆に、
「200%」のように高かった場合は、
受注量に対して設備が少なすぎることを意味します。

 

したがって、
100%付近が一番上手く設備投資ができている
ということになるわけですね。

 

補足すると、「稼働率」は、
「個数」だけでなく「時間」で
算出する場合もあります。

 

先ほどの例だと、

1日の労働時間が8時間だった場合、
実際に人や機械が働いていた時間が
6時間だったとします。

この場合の「稼働率」は、
「6時間」/「8時間」=「75%」となるのです。

式で表すと、
実際に働いた時間」/「全労働時間」となります。

 

一言で「8時間の労働時間」と言っても、
全ての時間を稼働できるわけではありません。

例えば、
「休憩時間・雑務作業・急なトラブル」
と言った時間がついてきます。

このような時間は、
人や機械が働いていないため、
「稼働時間」とは言えないわけですね。

スポンサーリンク

可動率とは?

 

続いて、
「可動率」の意味です。

【可動率(べきどうりつ)】

機械を稼働することが可能であった割合。

可動率」は、
べきどうりつ」と読みます。

可動率」とは、
機械を動かしたい時に、正常に動かせた割合のこと
だと思ってください。

 

こちらも、
先ほどと同じ例を挙げます。

 

A社の工場で使う機械は、
正常であれば8時間動き続けます。

しかし、
機械の故障によって、
1時間だけ動きがストップしてしまいました。

 

この場合の「可動率」は、
「8-1時間」/「8時間」=「87.5%」となるのです。

 

つまり、「可動率」とは、
正常に動いていた時間」を
本来動くべき時間」で割った数値
ということですね。

 

「機械」には、
どうしてもトラブルがつきまといます。

このような動かせない時間は、
正常に動いていたとは言えないため、
分子から除外するわけですね。

 

「可動率」は、
当然100%を目指すべき数字です。

現実的には難しい数字ですが、
設備のメンテナンスなどにより、
故障の数を最小限にする努力を各社行っているようです。

スポンサーリンク

稼働率と可動率の違い

稼働率 可動率 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

稼働率」=フル稼働できる状態で、実際に働いていた割合。

可動率」=機械を動かしたい時に、正常に動かせた割合。

稼働率」=「実際に生産した個数」/「本来生産する予定の個数」

     =「実際に働いた時間」/「全労働時間」

可動率」=「正常に動いていた時間」/「本来動くべき時間」

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
利益に直結するかどうか」となります。

 

「稼働」は「いでく」と書きます。

「働く」という行為は、
「付加価値(何かを生み出すこと)」
を意味します。

したがって、
稼働率」の方は利益に直結する指標なのです。

 

「商品の生産数」や「実労働時間」などは、
どれも会社の利益に大きく関与しています。

これらの数字を改善して、
うまく設備投資していくことは、
会社にとって非常に大事なことです。

 

言いかえれば、「稼働率」は、
設備投資の上手さを表した指標
とも言えるでしょう。

 

一方で、
「可動」は「くことが能」と書きます。

「可動」の方は「単なる動き」なので、
利益に直結するかどうかは関係ありません。

あくまで
「機械を動かせたか動かせなかった」
という点に注目します。

 

したがって、
可動率」は「機械運用の上手さを表した指標
とも言えるのです。

 

まとめると、

稼働率」=設備投資の上手さを表した指標。(利益に直結する)

可動率」=機械運用の上手さを表した指標。(利益に直結せず)

となります。

 

ちなみに、
稼働」と「稼動」の違い
混同している人も多いです。

そのため、
以下の記事も確認しておくことを
おすすめします。

>>稼働と稼動の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

稼働率」=フル稼働できる状態で、実際に働いていた割合。

可動率」=機械を動かしたい時に、正常に動かせた割合。

「稼働率」は、設備投資の指標。
「可動率」は、機械運用の指標。

となります。

 

ポイントは、
漢字の成り立ちを記憶しておくことですね。

「可動」の方は、
あくまで機械の動きに注目した言葉です。

したがって、
いくら「可動」だけをしていても
稼ぎにはならないのです。

 

「稼ぎ」になる働きが
「稼働」と覚えておきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク