この記事の所要時間: 428

意思疎通 意味 使い方 例文 類語 英語

 

今回は
意思疎通」について
解説していきたいと思います。

 

「意思疎通」という言葉は、
日常生活からビジネスまで
幅広い場面で目にしますよね。

「友達と意思疎通をとる」

「上司と意思疎通を図る」

普段からよく使われているだけに、
ぜひ正しい意味を理解しておきたい所です。

 

では、一体どう使えばよいのでしょうか?

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

意思疎通の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【意思疎通(いしそつう)】

互いに考えていることを伝え、理解を得ること。認識を共有することなどの意味の表現。意思の疎通。コミュニケーションとも言う。

出典:実用日本語表現辞典

意思疎通」とは、
互いの考えを伝えあい、認識を共有すること
を言います。

簡単に言えば、
お互いにコミュニケーションをとる
ということですね。

 

「意思疎通」は、
「意思を疎通する」と書きます。

意思」とは、
「心の中で思っていること・考えていること」
という意味です。

そして、
疎通」とは「ふさがっているものを通す」
という意味です。

 

つまり、
お互いの考え・意見などを通じ合わせること」を
「意思疎通」と言うわけですね。

 

「意思疎通」は、
後ろに「図る」がつくことが一般的です。

ただし、
場合によっては「意思疎通をとる
という言い方をすることもあります。

 

両者の違いですが、

「意思疎通を図る」⇒「意思疎通を実現できるように試みる

「意思疎通をとる」⇒「意思疎通を行う

だと思ってください。

 

「前者」は、
意思疎通を努力してやっていく
という積極的な意味が込められています。

一方で、「後者」は、
そのような前向きな意味は
特に含まれていないということですね。

スポンサーリンク

意思疎通の使い方

 

では、「意思疎通」は
実際にどのような場面で使うのでしょうか?

よくある3つのケースで
確認しておきましょう。

 

①友達同士の意思疎通

 

友達や仲間と
意思を共有することは多いですよね。

この場合は、
以下のようなイメージとなります。

 

【意思疎通を図る】

  • 日常会話でお互いの考えを共有する。
  • メールやLINEでお互いの意見を伝え合う。
  • 電話でお互いの現状と今後を話し合う。

 

【意思疎通をとれていない】

  • 会話自体をほとんどしていない。
  • メールやLINEの返事がない。
  • 電話で話す時間を設けていない。

 

②上司と部下の意思疎通

 

会社内での「意思疎通」は
仕事をする上で最も大事なことですよね。

この場合は、
以下のようなイメージです。

 

【意思疎通を図る】

  • 挨拶や返事などを積極的に行う。
  • 雑談などをしてお互いのことを知る。
  • 仕事終わりに、飲み会に誘う。

 

【意思疎通をとれていない】

  • 会話や対話がうまく噛み合わない。
  • お互いの仕事の予定を把握していない。
  • 報告・連絡・相談ができていない。

 

③親と子供の意思疎通

 

最後は、
「親」と「子供」の「意思疎通」です。

この場合は、
最も身近な関係性とも言えるでしょう。

 

【意思疎通を図る】

  • 定期的に会話やメールを行う。
  • 仕事や学校での様子を伝え合う。
  • 子供の将来の目標などを理解する。

 

【意思疎通をとれていない】

  • 会話やメールを全くしていない。
  • お互いが普段何をしているか知らない。
  • 将来の夢・目標などが分からない。

 

以上、3つのケースを紹介しました。

いずれにせよ、
相手のことをちゃんと理解していないと
「意思疎通がとれている」とは言えないわけですね。

スポンサーリンク

意思疎通の類語・英語訳

意思疎通 類語

 

「意思疎通」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 意思伝達
  • 相互理解
  • 相互認識
  • 以心伝心
  • 情報交換
  • シンパシー
  • コミュニケーション

 

共通しているのは、
人と人の考えを通じ合わせる
ということですね。

基本的には、
相手の考えを分かろうとする行為であれば、
全て「類語」と呼べるでしょう。

関連記事:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

 

また、「意思疎通」は
「英語」だと次のように言います。

communication

understand each other

 

例文だと、

They could not understand each other.
(彼らは、お互いが意思疎通できなかった)

などがあります。

関連記事:>>考慮と配慮の違いとは?意味や使い分けも

意思疎通の例文

 

最後に、「意思疎通」の例文を
確認しておきましょう。

 

  1. 先生と生徒が意思疎通を図ることは非常に大事だ。
  2. こちらから意思疎通を図る努力をしよう。
  3. 彼は大事な相方なので、常に意思疎通を図るようにしている。
  4. 監督と選手は十分な意思疎通を図らなければならない。
  5. スマホは相手と意思疎通を図るための大切なツールである。
  6. 外国人と意思疎通をとるのに一番便利な言語は、英語だ。
  7. イルカは人間と意思疎通を図ろうとする生き物だ。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

意思疎通」=お互いの考え・意見などを通じ合わせること。

ということでしたね。

 

相手と意思疎通を図ることは、
全ての人にとって基本の行為と言えるでしょう。

なぜなら、世の中は
常に人の考えによって動いているからですね。

この記事をきっかけに、ぜひ
正しい「意思疎通」をして頂ければと思います。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク