この記事の所要時間: 419

 

今回は
復元」と「復原
の違いを解説していきます。

 

「ふくげん」という言葉は、
様々な場面で使われていますね。

「人形を復元する」

「遺跡を復原する」

上記の「ふくげん」には、
どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

復元・復原の意味

 

まずは、「ふくげん」
の基本的な意味です。

【復元/復原(ふくげん)】

もとの形態・位置に戻すこと。また、戻ること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ふくげん」とは、
元の形や位置に戻すこと」を言います。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 壁画をふくげんする
  • 民家をふくげんする

つまり、
昔の遺跡などを元の形に戻すこと」を
「ふくげん」と言うわけですね。

 

また、
建築関係としては

「杭(くい)をふくげんする」

などのように使うこともあります。

 

この場合は、
「杭」が消えたり位置がズレたりした時に、
元の位置に戻す」という意味ですね。

 

いずれにせよ、
「形や位置を元の状態に戻すこと」を
「ふくげん」と言うわけです。

スポンサーリンク

復元と復原の違い

復元 復原 違い

 

では、「復元」と「復原」には、
どんな違いがあるのでしょうか?

また、どう使い分ければよいのでしょうか?

 

結論から言うと、

【違い】ほとんどなし。

【使い分け】原則として「復元」を使うが、例外もあり。

となります。

 

まず、両者の語源を説明しておくと、

「復」の「」は、
「人間の丸い頭」を描いた象形文字です。

そこから転じて、
はじめ」「もと」などの意味があります。

 

一方で、「復」の「」は、
「岩の穴から水がわき出る」
という意味の漢字です。

転じて、
物事のもと・起源」などの意味があります。

 

そして、
両者に共通する「」は、
もとに戻す」という意味です。

 

ここから両者を比較すると、

復元」=はじめに戻すこと。

復原」=もとに戻すこと。

となります。

 

したがって、
どちらを使ってもほとんど意味に違いはない
と言えるわけですね。

 

そして、
実際の「使い分け」ですが、
新聞やテレビなどのメディアは
復元」を使うことで統一
しています。

 

その理由は、
漢字の混同を避けるためですね。

読み書きの世界であるメディアは、
まぎらわしい漢字がある場合は
一つに統一するのです。

 

一般的には、
メディア以外の業界も「右にならえ」で
「復元」を使う傾向にあります。

 

ただし、これには例外があり、
ふくげんりょく」「ふくげんせい
などと言う場合です。

この場合は、
復原力」「復原性」と言っているようです。

 

理由についてですが、おそらくは
「文部科学省」の「学術用語集」
の決定を尊重したものと思われます。

 

「学術用語集」の「地震・土木工学編」では、
復原力」と書かれています。

また、
「船舶工学編」にも
復原力・復原力曲線・復原力滅失角・復元性範囲
などと書かれています。

 

一方で、
日本規格協会の「JIS用語集」だと、

「測定用・計算用の機械器具」⇒「復元差

「パッキン・ガスケット関係」⇒「復元率

などと記されています。

つまり、
専門用語の場合だと
両方使われているということですね。

 

まとめると、

復元」=原則としてこちらを使う。

復原」=「復原力」「復原性」などの場合のみ使う。(専門用語)

となります。

関連記事:復旧と復興の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:修理と修繕の違いとは?意味や修復の使い分けも

 

ちなみに、
「文化財」の世界では、
以下のように使い分けているようです。

復元」=失われて消えた建物を、元の姿に戻すこと。

復原」=改造された建物を、元の姿に戻すこと。

 

「復元」の方は
完全になくなったものを
推測で元に戻す時に使います。

一方で、「復原」の方は
改修などで形が変わった建物を、
部材や文献を参考に、元の姿に戻す時に使うのです。

 

ただし、
この使い分けは文化財に限った話です。

一般業界では、
原則として「復元」を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【復元の使い方】

  1. 古代遺跡の住居を、コンピューターで復元する。
  2. ティラノサウルスの骨格を正確に復元する。
  3. 測量図面によって、杭の位置を復元する。
  4. 波で横転してしまったヨットを復元させる。
  5. スマホのデータを業者に復元してもらう。

 

【復原の使い方】

  1. 船を正しく設計すれば、浮力により復原性を発揮する。
  2. 復原性が高いボートほど、傾いた状態からでも元の姿勢に戻れる。
  3. 事故発生時の飛行機は、復原力が衰えていた。

 

上記のように、
「復元」は幅広い場面で使うことができます。

一方で、「復原」の方は、
船や飛行機など限定的な場面で使われます。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

復元」=原則としてこちらを使う。

復原」=「復原力」「復原性」などの場合のみ使う。(専門用語)

ということでしたね。

 

基本的には、
「復元」だけ覚えておけば問題ないです。

「復原の方は限定的に使う」
と覚えておきましょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク