この記事の所要時間: 422

報恩謝徳の意味とは 使い方 例文 英語

 

仏教に関する言葉で
報恩謝徳」があります。

 

改まった場だと、
報恩謝徳の念に堪えません」などと言いますね。

一般的には、
「あまりよく使わない」
というイメージだと思います。

しかし、
もしもこの言葉の意味を理解できれば、
今後の人生にプラスになることは間違いありません。

 

では、一体どのように使うのでしょうか?

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

報恩謝徳の意味・語源

 

まずは、
基本的な意味です。

【報恩謝徳(ほうおんしゃとく)】

恩や恵みに対して、感謝の気持ちを持つこと。また、恩に感謝して報いること。

報恩謝徳」とは、
受けた恩や恵みに感謝すること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

成人後に、両親に報恩謝徳の気持ちを持つことが増えた。

この場合は、
「父や母に、改めて感謝の気持ちを抱いた」
ということですね。

 

具体的には、

  • 「自分を丈夫に生んでくれた恩」
  • 「学校や塾に行かせてくれた恩」
  • 「毎日ご飯を作ってくれた恵み」

といったことです。

このように、「恩や恵みのおかげで今の自分がある
と感謝するような時に「報恩謝徳」を使う
と考えてください。

 

言葉の意味を補足すると、

報恩」は、
(むく)いる」と書きます。

「恩」とは、
「人から受けたありがたい行為」

「報いる」とは、
「ふさわしいお返しをする」という意味です。

 

つまり、
ありがたい行為に、ちゃんとお返しすること
を「報恩」と言うわけですね。

 

そして、「謝徳」は
に感する」と書きます。

「徳」とは、
「恵みや慈しみ」という意味です。

よって、
人から受けた恵みに感謝すること」を
謝徳」と言うわけです。

 

整理すると、

報恩謝徳」=ありがたい行為に、お返しをしたり感謝すること。

となります。

 

つまり、本来の意味としては
「心で感謝する」だけでなく
実際に何かお返しをすること」も含んだ言葉
ということですね。

スポンサーリンク

報恩謝徳の由来

 

「報恩謝徳」という言葉は、
どこから来たのでしょうか?

 

ヤフーで「報恩謝徳」と検索すると、
浄土宗」「浄土真宗」などの
関連用語も一緒に出てきます。

「浄土宗」や「浄土真宗」は、
どちらも仏教の中の宗派です。

詳しい違いは、
本来の趣旨から離れるため説明しませんが、
「考え方の違い」だと思ってください。

 

仏教では、
他人のために尽くすこと」を重視します。

言い換えれば、
世のため・人のためにがんばる
ということですね。

そして、
自分以外の他人のために努力した人は
「幸せにあの世にいける」という考えがあります。

 

他人のためにがんばるには、
「まず周りに感謝すること」が必要ですよね?

ここから、
「報恩謝徳」という言葉が生まれた
と言われています。

 

  • 今の自分があるのは周りのおかげである
  • 誰かの力があったので、今の自分がいる

 

「報恩謝徳」とは、このように
「周りの人に感謝すること」から始まったわけですね。

関連記事:>>森羅万象の意味や使い方は?類語や例文も解説

報恩謝徳の類語・英語

報恩謝徳 類語

 

続いて、
「報恩謝徳」の「類語」です。

【報本反始(ほうほんはんし)】

天地や祖先などの恩に報いること。

「報」や「反」は、
報いる・恩返しする」という意味です。

そして、「本」と「始」は、
「本質・最初」などがあるように
物事の初め」を指します。

 

つまり、
自分が存在する根本に報いること」を
「報本反始」と言うわけですね。

転じて、
「祖先に報いる」という意味で
広く使われているわけです。

 

また、四字熟語以外では、
恩返しする」「義理を果たす」「返報する
なども「類語」と言えるでしょう。

 

ちなみに、
「報恩謝徳」は英語だと
次のように言います。

 

deep gratitude

 

直訳すると、
「深い感謝」という意味ですね。

例文だと、

She expressed a deep gratitude.
(彼女は、報恩謝徳の意を表した。)

などがあります。

スポンサーリンク

報恩謝徳の使い方・例文

 

では、「報恩謝徳」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 報恩謝徳の心があれば、両親も喜んでくれるだろう。
  2. 社長のおかげで今の私があります。報恩謝徳とはこのことです。
  3. 報恩謝徳の精神を忘れずに、今後も励んでいきます。
  4. 周りの環境に文句を言わずに、報恩謝徳の心を持とう。
  5. 報恩謝徳の念に堪えられないほど、あなたには感謝しています。
  6. 先輩の助言でここまで成長でき、報恩謝徳の念に堪えません。

 

すでに説明した通り、
「報恩謝徳」は元々仏教の用語でした。

しかし、現在では
ビジネスなどでも広く使われています。

 

例えば、
上司や取引先・社長などに
感謝の意を表明する時ですね。

この場合は、
「過去に非常にお世話になった」
という事実を伝える時に使うとよいでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

今回の内容をまとめると

報恩謝徳」=受けた恩や恵みに感謝すること。

語源」=いて、に感する。

ということでしたね。

 

人は自分一人では生きられません。

必ず他人のサポートがあって、
生活することができます。

そういう意味では、「報恩謝徳」は
「私たちに生きる意味を与えてくれる考え方」
とも言えるでしょう。

スポンサーリンク