この記事の所要時間: 518

編制 編成 違い 意味 使い分け

 

今回は、
編制」と「編成
の違いを解説していきます。

 

学校のクラスやテレビ番組を作るときに、
「へんせい」という言葉を使いますよね。

「学級へんせい」

「番組へんせい」

上記の「へんせい」は、
一体どちらを使えばよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

編制の意味

 

まずは、
「編制」の意味です。

【編制(へんせい)】

個々別々のものを集めて団体を組織すること。特に、軍隊を組織すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

編制」とは、
個々のものを集めて、組織的な団体にすること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 陸軍を編制する
  • 海軍を編制する
  • 空軍を編制する

 

「編制」は、主に
陸軍や海軍などの軍隊に対して使います。

「軍隊」とは、簡単に言うと、
「外国と戦う集団」のことですね。

 

現在の日本には、
正式な軍隊と呼べるものはありません。

しかし、
1945年以前(戦前)は、
軍隊が普通に存在していました。

そのため、当時の使い方としては
「平時編制」「戦時編制
などの用例が多く残っています。

編成の意味

 

続いて、
「編成」の意味です。

【編成(へんせい)】

個々のものを集めて組織的なまとまりとすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

編成」とは、
個々のものを集めて、組織的なまとまりを作ること
を言います

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 十両編成の電車
  • 予算を編成する
  • 番組を編成する

この場合は、
団体に限らず、電車や予算など
幅広い物に使うのが特徴ですね。

 

他には、
「カリキュラムを編成する」
のような使い方もします。

「カリキュラム」とは、
「教育のスケジュール」という意味です。

 

いずれも共通しているのは、
それぞれの項目を組み合わせて、一つのまとまりを作る
ということですね。

スポンサーリンク

編制と編成の違い

編制 編成 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

編制」=個々のものを集めて、組織的な団体にすること。

編成」=個々のものを集めて、組織的なまとまりを作ること。

ということでした。

 

※「組織」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>組織と体制の違いとは?意味や使い分けも

 

比較しても分かる通り、
意味の違いはほとんどないように見えます。

このような場合は、
漢字の語源を比較するのがよいでしょう。

 

まず、「編制」の「」には、
たちきって整える」という意味があります。

転じて、
全体を分けてまとまった単位にする
という意味になるのです。

 

一方で、「編成」の「」には
なる・なす」などの意味があります。

よって、こちらは
個々を集めてまとまった単位にする
という意味になるわけですね。

 

そして、両者に共通する「」は、
編(あ)む」=「組み合わせる
という意味があります。

 

ここから、
それぞれの意味を比較すると

編制」=大きな全体を分けて、まとまった単位に組み立てる。

編成」=小さな個々を組み合わせて、大きな単位に仕上げる。

となります。

 

つまり、
「編制」の方は「分ける・分割する
という意味が強調されるわけですね。

スポンサーリンク

編制と編成の使い分け

編制 編成 使い分け

 

両者の違いは理解できました。

では、この2つは
どう使い分ければいいのでしょうか?

 

結論から言うと、

編制」=軍隊・学級などに使う

編成」=電車・予算・番組などに使う

と思ってください。

 

まずは、
一番簡単な「電車」の説明からします。

 

「十両編成の電車」などは、
一両一両がそれぞれ独立したものです。

つまり、「電車」というのは、
一両一両を組み合わせて、一つの大きな単位に仕上げた乗り物
と言うことができます。

 

したがって、
この場合は「編成」を使うわけですね。

 

続いて、
予算」はどうでしょうか?

 

「予算」の場合も、
様々な予算があります。

  • 防衛の予算
  • 社会保障の予算
  • 公共事業の予算

 

「予算のへんせい」とは、
これら一つ一つの予算を組み合わせて、
全体の予算として仕上げる
ことです。

したがって、
この場合も「編成」を使うのです。

 

では、
学級」はどうでしょうか?

 

よく使われるのが、
「学級へんせい」という言葉です。

「学級」とは、
簡単に言うと「クラス」のことですね。

 

この場合は「クラス」を作るので、
全体の生徒を分けて、いくつかのまとまった単位を作る作業です。

よって、
この場合は「編制」が正解となるわけです。

 

すでに説明した通り、
「編制」は基本的に軍隊に対して使います。

しかし、
「学級」の場合は例外です。

 

「学級」とは、「全体の生徒」を
分割した結果できた一つのまとまりです。

かつての軍隊における、
「平時編制」や「戦時編制」も
このような分割の意味があるので、
「編制」を使っていたわけですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【編制の使い方】

  • 彼の学校は、1クラス30人の学級編制を行っている。
  • アメリカでは、年齢ではなく能力別で学級編制を行っている。
  • 彼は、陸海空全ての部隊の編制を任された。
  • 軍隊とは、一定の規律にもとづいて編制された組織である。

 

【編成の使い方】

  • 八両編成の電車の一番後ろに乗車する。
  • 予算を編成するのは、国会議員の大事な仕事だ。
  • 文部科学省は、教育課程の編成を行っている。
  • チームの補強選手を獲得する編成部門に就任した。

 

1点だけ補足すると、
「軍隊」に対してもごくまれに
編成」を使うことがあります。

それは、
部隊から一部を選抜して、
特別攻撃隊を「へんせい」するような場合
です。

 

この場合は、
小さな個々を組み合わせてまとまった単位にするので、
編成」を使うわけですね。

関連記事:>>総括と統括の違いとは?意味や役職も解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

編制」=大きな全体を分けて、まとまった単位に組み立てる。

編成」=小さな個々を組み合わせて、大きな単位に仕上げる。

ということでしたね。

 

ポイントは、
「漢字の成り立ちを比較すること」
と言えるでしょう。

ほとんどの辞書では、
両者は同じような内容で記述されています。

ただし、
「編制」には「分ける」という
意味もあるので「学級編制」となるわけですね。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク