この記事の所要時間: 347

 

今回は、
片言隻語」について
解説していきたいと思います。

 

「言葉」というのは、
人間に色々な影響を与えますよね。

例えば、
何気ない一言で気持ちが救われたり、
逆にひどく傷ついたりしたことはないでしょうか?

「片言隻語」とは、そのような
「人の言葉」について表した四字熟語です。

一体、どのような意味なのでしょうか?

 

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

片言隻語の意味・読み方

 

まずは、
基本的な意味です。

【片言隻語(へんげんせきご)】

ほんのちょっとした言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

片言隻語(へんげんせきご)」とは、
ほんのちょっとした言葉」という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

先生が何気なくおっしゃっていた一言一言が、僕の人生を変えました。今では、その時の片言隻語を毎日のように噛みしめています。

この場合、
「先生のちょっとした一言」が
生徒に良い影響を与えたということですね。

 

「片言隻語」は、
短くて簡潔な一言を指します。

具体的には、

  • 「自分に打ち勝て!」
  • 「君は粘り強い!」

このような感じですね。

 

したがって、
どんなに強烈な言葉でも
長いセリフのような場合は使えません。

あくまで、
「短さ・簡潔さ」を表した四字熟語
だと思ってください。

片言隻語の由来

 

「片言隻語」は、
「片言」と「隻語」
が合わさってできた言葉です。

 

それぞれの意味を説明すると、

片言」とは、
わずかな言葉」という意味です。

「片」という字は、
「片方」「片足」などの熟語があります。

ここから、
「一つの・わずかの」
という意味になるわけですね。

 

一方で、「隻語」とは、
短い言葉」という意味です。

こちらも「一隻」「隻眼」
などの熟語があるように、
「一つの・わずかな」という意味があります。

 

つまり、
どちらも似たような意味を持った語
ということですね。

同義語を重ねることにより、
意味を強調した言葉にしているのです。

スポンサーリンク

片言隻語の類義語

片言隻語 類語

 

「片言隻語」の
「類語」は以下の通りです。

【片言隻句(へんげんせきく)】

わずかな言葉。ちょっとした言葉。

「隻句」の「句」は、
「俳句」の「句」と同じ意味です。

【片言隻辞(へんげんせきじ)】

わずかな言葉。一言二言。

「辞」には、「辞書」「辞令」「修辞」
などのように「言葉」という意味があります。

【一言半句(いちごんはんく)】

ほんの少しの言葉。

「半句」とは、
「一言よりも足りないわずかな言葉」
という意味です。

【一言一句(いちごんいっく)】

一つ一つの言葉。

以上が「類語」となります。

 

いずれも共通しているのは、
「わずかな言葉・ちょっとした言葉」
ということですね。

片言隻語の英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

 

「片言隻語」は、英語だと

few words

a single word

などと言います。

 

「few」には「少ない・少数の」
「single」には「一つの・単一の」
という意味があります。

そして、
「word」は「言葉」という意味です。

 

ここから、
「わずかな言葉」
という訳になるわけですね。

 

例文だと、
以下のような言い方をします。

She never misses a single word.
(彼女は片言隻語も聞き漏らさない)

スポンサーリンク

片言隻語の使い方・例文

 

「片言隻語」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 長い言葉ではなく、片言隻語が人の心を打つこともある。
  2. 大事なセミナーなので、片言隻語、聞き漏らさずにメモしよう。
  3. 社長の挨拶は常に短い。しかし、片言隻語の中にも深い意味がある。
  4. 片言隻語だったが、彼の気持ちは十分私に伝わった。
  5. 片言隻語をとらえて、揚げ足を取るようなことはやめてくれ。
  6. 彼女は神経質な性格なので、片言隻語といえども気を付けよう。

 

「片言隻語」は、
良い意味でも悪い意味でも使えます。

 

良い意味の場合は、
短くても相手の心に響く・伝わる
という場面で使います。

逆に、悪い意味の場合は、
揚げ足を取る・細かい一言を指摘する
などの場面で使います。

 

この辺の使い分けは、
文脈によって判断する必要があるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

片言隻語」=ほんのちょっとした言葉。

ということでしたね。

 

「言葉」というのは、
相手に大きな影響を与えるものです。

この記事をきっかけに、
ぜひ良い意味での「片言隻語」を
発していただければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク