この記事の所要時間: 350

煩雑 繁雑 違い 使い分け

 

今回は、
「煩雑」と「繁雑」
の違いを解説していきます。

 

「はんざつ」という言葉は、
2つの漢字が使われていますね。

煩雑な手続き」

繁雑な仕事」

どちらも似たようなイメージですが、
一体何が違うのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

煩雑の意味

 

まずは、
「煩雑」の意味です。

【煩雑(はんざつ)】

こみいっていてわずらわしいこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

煩雑」とは、
こみ入っていて煩わしいこと
を言います。

 

「こみ入る」とは、
物事の仕組みが複雑なこと

「煩(わずら)わしい」とは、
面倒くさい」という意味です。

 

つまり、
物事が複雑で面倒くさいこと」を
「煩雑」と言うわけですね。

 

例えば、
以下のように使います。

「裁判は煩雑な手続きなため、弁護士に依頼する」

このように、「煩雑」は
何か複雑なことに対して「面倒くさい!」
と感じた場合に使うのです。

繁雑の意味

 

続いて、
「繁雑」の意味です。

【繁雑(はんざつ)】

なすべきことなどが多すぎて、ごたごたしていること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

繁雑」とは、
物事が多くてごたごたしていること
を言います。

 

「ごたごた」とは、
まとまりがない様子のこと」ですね。

一言で、
ごちゃごちゃ」と覚えてもよいでしょう。

 

つまり、
物事が多くて、ごちゃごちゃした様子」を
「繁雑」と言うわけですね。

 

例えば、
以下のような使い方です。

繁雑な家事に、時間をとられる」

この場合は、
料理に洗濯、風呂掃除・トイレ掃除など
たくさんやることがあり、まとまりがない様子
ということですね。

スポンサーリンク

煩雑と繁雑の違い

煩雑 繁雑 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

煩雑」=物事が複雑で面倒くさいこと。

繁雑」=物事が多くてごたごたしていること。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

 

1つ目は、
人の気持ちが含まれるかどうか」です。

 

「煩雑」の方は、
「面倒くさい・わずらわしい」という
人の気持ちが含まれています。

一方で、
「繁雑」の方は、そのような
心理的要素は含まれていないのです。

 

両者の語源も確認しておくと、

」という字は、元々
火が燃えるように頭がイライラする
という意味でした。

これは「煩悩」などの言葉もあるので、
イメージしやすいでしょう。

 

一方で、
」という字は、元々
どんどん増える」という意味でした。

転じて、現在では、
「おいしげる・むやみに多い」
という意味で使われているのです。

 

つまり、「繁」の方は
感情抜きに、単に量が多い
という意味を表しているわけですね。

 

2つ目は、
何を強調するか」です。

 

「煩雑」の方は、
物事の複雑さを強調します。

一方で、
「繁雑」の方は、
物事の多さを強調するのです。

 

どちらも「雑」という字があるので、
「ごちゃごちゃしている」
という意味は含んでいます。

しかし、「繁雑」の方は、
どちらかというと物事の量に対して
スポットが当てられているのです。

 

したがって、
「繁雑」は仕事や作業など
量が多いものに対して使う傾向にあります。

一方で、
「煩雑」の方は、手続きや方法など
何らかの仕組みに対して使うことが多いのです。

 

まとめると、

煩雑」=面倒くさいという気持ちが含まれる。(複雑さを強調)

繁雑」=人の気持ちは含まれない。(物事の多さを強調)

となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

確認のために、両者の使い方を
例文でチェックしておきましょう。

 

【煩雑の使い方】

  1. 不動産の売買は煩雑なため、プロに任せたほうがよい。
  2. 手書きのみで書類を申請するのは、煩雑すぎる。
  3. 煩雑な手続きが必要なため、その法案は否決となった。
  4. 身分証明をする手間は煩雑だが、防犯には必要不可欠だ。

 

【繁雑の使い方】

  • 月末が近づいてくると、いつも繁雑な仕事に追われる。
  • AIの発達により、繁雑な事務作業はだいぶ減った。
  • 繁雑を極める仕事により、プライベートの時間がすり減った。
  • 共働きの主婦にとって、繁雑な家事労働は大きな負担となる。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

煩雑」=込み入っていて煩わしいこと。複雑さを強調)

繁雑」=物事が多くてごたごたしていること。多さを強調)

「わずらわしい」
という気持ちを含む場合は「煩雑」を使う。

ということでしたね。

 

ポイントは、
「両者の語源を覚えておくこと」
だと言えるでしょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク