この記事の所要時間: 431

 

今回は
反面」と「半面
の違いを解説していきます。

 

「壁の反面

半面の真理」

どちらの言葉も
普段の文章でよく使われていますね。

この2つは、一体どのように
使い分ければよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

反面の意味

 

まずは、
「反面」の意味です。

【反面(はんめん)】

反対の面。反対の方面。

②(副詞的に用いて)他の面から見る場合。他面。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

反面」とは、
反対の面」という意味です。

 

例えば、
以下のような使い方をします。

「盾の反面を見せる」

この場合は、
「盾の反対側の面を見せる」
ということですね。

 

「反面」は、このように
表側と裏側の両方があるものに対して使うのです。

つまり、
両面がある物の片面のことを
反面」と呼ぶわけですね。

 

また、「反面」のことを
一方では、他方では
と副詞的な意味で用いる場合もあります。

【例】「車は便利だが、反面事故の危険性もある」

この場合は、
前半で述べたことに対し、反対のことを述べる場合
に使います。

 

一種の「逆接」と同じ意味ですね。

「逆接」とは、
でも」や「しかし」などの接続詞によって、
前後を結びつけることをいいます。

 

「反面」の場合も、
「一方で、」や「他方で、」を
当てはめると意味がしっくりきますよね。

したがって、
②の意味で使う場合は、
逆接の接続詞と同じ」と考えましょう。

 

ちなみに、
「逆接」は「逆説
と間違えやすいので注意が必要です。

違いについては、
以下の記事を参照してください。

>>逆説的の意味をわかりやすく解説

半面の意味

 

続いて、
「半面」の意味です。

【半面(はんめん)】

顔の半分。

ある広さの表面の半分。

物事の片方の面。一面。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

半面」とは、
何かの半分」という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

「用紙の上の半面を赤くぬる」

この場合は、
「用紙の上半分を赤くぬる」
ということですね。

 

他には、①のように、
顔の半分」という意味で使う場合もあります。

 

いずれにせよ、
何か一定の広さを持った物の半分」を
「半面」と言うわけですね。

 

また、「半面」には、
物事の片方の面。一面。
という意味もあります。

例えば、
以下のような使い方です。

「つらかった半面、楽しさもあった」

この意味の場合は、
「反面」の②の意味と同じになります。

スポンサーリンク

反面と半面の違い

反面 半面 違い 

 

ここまでの内容を整理すると、

反面」=①反対の面。一方では、他方では。

半面」=①何かの半分。物事の片方の面。一面。

ということでした。

 

両者の違いは、
どこにあるのでしょうか?

結論から言うと、

「①の意味の場合は、使い分ける」

「②の意味の場合は、どちらを使ってもよい」

ということになります。

 

改めて例文で比較してみましょう。

「彼女はかわいいが、はんめん怖さもある」

この場合、「反面」と「半面」
どちらを使っても正解となります。

 

それぞれの場合で訳してみると、

「反面」⇒「彼女はかわいいが、一方で怖さもある」

「半面」⇒「彼女はかわいいが、怖さという一面もある」

比較すると分かるように、
どちらも言ってることは同じですよね?

したがって、
②の意味で使う場合は、
どちらを使っても同じになるのです。

 

一方で、①の意味の場合はどうでしょうか?

 

よく使われる言葉として、
はんめん教師」というのがあります。

はんめん教師」とは、
悪い人の見本を見て、参考にすることです。

 

この場合は、
反面」を使うのが正解となります。

なぜなら、
「反面教師」とは、
「自分と反対の人を見て参考にすること」だからです。

 

もしも「半面教師」ならば、
「自分と半分の人を見る」という
よく分からない意味になってしまいます。

したがって、
「半面」ではなく「反面」を使うのです。

関連記事:>>並行と平行の違いとは?意味や併行の使い分けも

 

ちなみに、
日本新聞協会では、2つを混同しないように
半面」で統一しているようです。

逆の言い方をすれば、
②の場合は「反面」は原則として使わない
ということですね。

 

しかし、現実的には
なかなか統一するのは難しいと言えます。

したがって、覚え方としては
①の用例を先に覚え、それ以外は両方とも使える
と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「反面」と「半面」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【反面の使い方】

  1. あの人は本当に性格が悪いが、反面教師として自分に生かそう。
  2. 壁の反面にも断熱材を入れて、寒さを防げる家にする。
  3. 板の反面を赤色でぬり、両面を違う色にした。
  4. 彼は厳しい性格の反面、情に深い人物である。
  5. 彼女の人生は苦労が多かった反面、喜びも多かった。

 

【半面の使い方】

  1. テニスコートの半面を使って、練習を開始する。
  2. 部屋の半面を使い分けて、共同生活する。
  3. 顔の半面を黒くぬり、特殊メイクをほどこす。
  4. 学校は必要ないという意見は、半面の真理がある。
  5. スマホは便利なツールだが、半面弊害もある。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

反面」=①反対の面のこと。一方では、他方では。

半面」=①何かの半分のこと。物事の片方の面。一面。

「②はどちらでも使えるが、①の場合は使い分ける」

ということでしたね。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク