この記事の所要時間: 413

群集 群衆 違い 意味 使い分け

 

今回は
群集」と「群衆
の違いを解説していきます。

 

「群衆にまぎれる」

「群集心理」

どちらも同じ「ぐんしゅう」として、
よく使われていますよね。

この2つは、
同じ意味なのでしょうか?

それとも使い分けるべき言葉なのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

群集の意味

 

まずは、
「群集」の意味です。

【群集(ぐんしゅう)】

人々が大ぜい群がり集まること。また、その人々。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

群集」とは、
人々が群がり集まる」という意味です。

 

多くの辞書だと、
「群集」には「動詞」と「名詞」
の両方の意味が載っています。

ただし、原則として
群集は動詞で使う言葉だと思ってください。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • やじ馬が群集する
  • 群集心理が働く

※「群集心理」とは、
人々が群がり集まる心理」という意味です。

 

どちらも「動詞」としての使い方ですよね。

 

「群集」の語源を確認しておくと、

」は、
「大群」「魚群」などがあるように
むらがる・むれる」という意味があります。

そして、「」は
「集合」「集会」などがあるように
あつまる・つどう」という意味があります。

 

つまり、
「群集」は「何かが群がり集まる
という動作を表し言葉ということですね。

この時の「何か」とは、
「人以外の魚・鳥など」が含まれることもあります。

群衆の意味

 

続いて、
「群衆」の意味です。

【群衆(ぐんしゅう)】

群がり集まった人々。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

群衆」とは、
群がり集まった人々」という意味です。

こちらは主に
名詞として使う言葉だと思って下さい。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 群衆を扇動する
  • 群衆にまぎれる

前者は「集まった人々をあおる」
後者は「集まった人々にまぎれる」
という意味ですね。

 

「群衆」の語源も確認しておくと、

」は同じく
むらがる・むれる」という意味です。

そして、「」は
「大衆」「観衆」「聴衆」などがあるように
多くの人々」という意味があります。

 

よって、
「群衆」は「多くの人々の集まり
という名詞を表した言葉になるわけですね。

スポンサーリンク

群集と群衆の違い

群集 群衆 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

群集」=人々が群がり集まる。

群衆」=群がり集まった人々。

ということでした。

 

両者の違いは、2つに分けて
考えると分かりやすいでしょう。

 

1つ目は、
対象の範囲の違い」です。

 

「群集」は、
人を含めたすべての生物に対して使うことができます。

一方で、「群衆」は、
原則として人間にしか使えないのです。

 

つまり、
「群集」の方が広範囲を対象とした言葉
ということですね。

 

そして、2つ目は
文法的な違い」です。

 

「群集」は、
後ろに「する」を添えて
主に「動詞」として使います。

一方で、
「群衆」は後ろに「~を」「~は」
などを添えて「名詞」として使うのです。

逆に言えば、
「前後の文脈によって、ある程度どちらを使うか判断できる」
ということですね。

 

まとめると、

群集」=全ての生物に使える。動詞として使う)

群衆」=人間のみに使える。名詞として使う)

となります。

関連記事:>>組織と体制の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
既に説明した通り「ぐんしゅう心理」は、
現代では「群集心理」と書きます。

なぜなら、
この場合の「ぐんしゅう」は
「動詞」としての意味だからです。

 

ただし、
昔の書籍(特に戦前)だと
「群衆心理」と書く本も見受けられます。

 

「ぐんしゅう」は元々
群聚(くんじゅ)」と書いていました。

この時の漢字の名残りがあるため、
「群衆」を動詞的に使う場合もある
ということですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【群集の使い方】

  1. 群集心理によって、巧みに人を誘導していく。
  2. 群集劇によって、ドラマを展開していく。
  3. 通行人が群集して、握手を求めてきた。
  4. ヤジ馬が群集することにより、大混乱となった。
  5. 渡り鳥は、群集して身を守る性質がある。

※「群集劇」とは、
「主役中心ではなく、不特定多数の大人数で話を展開していく劇」
のことです。

 

【群衆の使い方】

  1. 群衆を相手に、選挙前の演説を行う。
  2. 建物の広場には、大群衆が集まっていた。
  3. 沿道は、おびただしい数の群衆で埋まっていた。
  4. 群衆をかき分けながら、前へ進んでいく。
  5. ハロウィンの季節になると、群衆が大騒ぎをする。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

群集」=人々が群がり集まる。動詞

群衆」=群がり集まった人々。名詞

群集」は全ての生物に使え、「群衆」は人のみに使える。

ということでしたね。

 

「群集」の方が広い対象に使えますが、
一般的には「群衆」を使うケースの方が多い
と言えるでしょう。

「群集」は「動詞的な使い方」
もしくは「群集心理」など限定的な場合で使う。

と覚えておきましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク