この記事の所要時間: 325

 

よい」というのは、
色々な言い方がありますね。

 

「彼は成績がよい

「あの人は性格がよい

これらはちゃんと
使い分けすべきなのでしょうか?

また、どんな違いがあるのでしょうか?

 

まずは、基本的な意味を
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

良いと善いの意味

 

よい
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【良い/善い】

品質的に上等である。

美的にすぐれている。美しい。

能力的にすぐれている。優秀だ。

身分・家柄が高い。経済的に恵まれている。

倫理・道徳にかなっている。正当だ。

規範・標準に合っている。適格である。

人柄が好ましい。善良だ。

親密だ。むつまじい。

目的にかなっている。ふさわしい。好都合だ。

めでたい。吉である。

利益になる。得だ。

快い。快適だ。

十分だ。整っている。

さしつかえない。かまわない。

出典:三省堂 大辞林

「よい」には、
上記のように多くの意味があります。

「三省堂 大辞林」によると、
良い」と「善い」は、
1つの項目として載っているようです。

 

つまり、
辞書的な定義としては同じ
ということですね。

 

主な使い方としては、

  • 質がよい
  • 成績がよい
  • 性格がよい

のように使います。

 

このように、
様々な使い方ができる「よい」ですが、
厳密に言うと使い分けすべき言葉となります。

「辞書の記述が全てではない」
ということですね。

スポンサーリンク

良いと善いの違い

 

それでは、一体どのように
使い分ければいいのでしょうか?

 

両者の違いを簡単に言うと、

良い」=全ての「よい」に使える。

善い」=道徳的に「よい」場合のみ使える。

となります。

 

良い」の方は、
物事が他のものより優れている
という意味です。

 

したがって、使い方としては

  • 品質が良い
  • 頭が良い
  • 調子が良い
  • 良い文章
  • 良い手つき

など全ての「よい」に対して
使うことができます。

 

一方で、
善い」とは「道徳的に正しい
という意味です。

簡単に言うと、
「悪に対する善」ということですね。

 

したがって、
主な使い方としては

  • 善い性格
  • 行儀が善い
  • 心が善い
  • 善い行い

など道徳的・倫理的な使い方限定
となるのです。

 

つまり、
良いは、善いを含んだ言葉
ということですね。

 

そのため、
基本的には「良い」を使えば問題ないです。

もしも、「善い」を使う場合は、
限定的な意味になるということを
覚えておきましょう。

スポンサーリンク

その他の「よい」

 吉い 快い 佳い 宜い 意味

 

よい」には、
その他の漢字もあります。

 

以下は、代表的な物です。

  • 好い」⇒(例)香りが好い
  • 吉い」⇒(例)運が吉い
  • 快い」⇒(例)機嫌が快い
  • 佳い」⇒(例)佳い年を迎える
  • 宜い」⇒(例)ちょうど宜い

 

いずれも古くからある言葉ですが、
現在はほぼ使われていません。

常用漢字に記載されているのは、
「良い」と「善い」のみです。

 

したがって、
これらの「よい」は全てひらがなで書く
ようにしましょう。

関連記事:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>柔らかいと軟らかいの違いとは?意味や使い分けも

使い方・例文

 

「よい」の使い方を、
改めて例文で確認しておきましょう。

 

【良いの使い方】

  • 品質の良いパソコンを買ったので、長持ちしている。
  • 良い成績を収めたので、先生からほめられた。
  • 待遇が良い会社に転職することができた。
  • 健康に気をつけているため、体の調子が良い

 

【善いの使い方】

  • あなたのように心の善い人は非常に珍しい。
  • 彼女は、周りが尊敬するほど善い性格の持ち主だ。
  • 行儀の善い子供なため、怒られることがない。
  • 仏教で大事なことは、人のために善い行いをすることだ。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

良い」=全ての「よい」に使える。

善い」=道徳的に「よい」場合のみ使える。

ということになります。

 

基本的には「良い」を使い、
「善い」は限定的な場面で使う
と覚えておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク