この記事の所要時間: 319

 

今回は
ギブス」と「ギプス
の違いを解説していきます。

 

「ギブスを巻く」

「ギプスで固定する」

どちらも同じ使い方をするため、
非常にまぎらわしいですね。

特に、医療関係のお仕事の方は、
迷われるかと思います。

 

一体どちらを使えばよいのでしょうか?

まずは、基本的な意味を
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ギブス・ギプスの意味

 

「ギプス」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【ギプス】

骨折や靭帯じんたい損傷などの場合に患部を固定し、保護するため、包帯を石膏で固めたもの。ギプス包帯。〔石膏せつこうの意。ギブスとも〕

出典:三省堂 大辞林

上記のように、
「ギブス」と「ギプス」は
同じ項目として載っています。

つまり、
辞書的な意味ではほぼ同じ
ということですね。

 

だいたいの辞書では、
「ギプス」をメインに書き、
「ギブス」の方は「ギブスとも言う」
などと書くことが多いようです。

 

意味としては、
包帯を石膏で固めたもの」を言います。

 

石膏(せっこう)」とは、
「水と硫酸カルシウムからなる鉱物」のことです。

この「石膏」のことを、
「ギプス」または「ギブス」と呼ぶわけですね。

 

主に医療業界で使う言葉ですが、
日常生活でも比較的よく使う言葉です。

スポンサーリンク

ギブスとギプスの違い

ギブス ギプス 違い

 

「ギプス」と「ギブス」
の大まかな意味は理解できました。

では、実際のところ、
両者はどう違うのでしょうか?

 

結論から言うと、

ギプス」が正しいので、「ギブス」は誤り。

となります。

 

まず、「ギプス」の語源を
確認しておきましょう。

 

「ギプス」はドイツ語の
Gips(石膏)」が由来と言われています。

スペルを見ても分かる通り、
「Gips」は完全に「ギプス」です。

もしも「ギブス」ならば、
「Gibs」と「b」が入るはずですが、
このような単語は存在しません。

 

この「Gips」が日本に入ってくる時に、
なぜか「ギブス」という間違った読み方が
普及してしまった
のです。

 

では、なぜ間違った読み方が
広まってしまったのでしょうか?

 

理由については諸説ありますが、
おそらくは発音の問題だと思われます。

「ギプス」と言うよりも、
「ギブス」と言った方が、多少ですが
相手にとっては聞き取りやすいです。

そのため、
「ギブス」という読み方が
広まったのでしょう。

 

参考までに、
グーグルでの検索結果も調べてみました。

ギプス」⇒1,670,000 件(167万件)

ギブス」⇒1,350,000 件(133万件)

比較すると分かる通り、
「ギプス」の方が検索数が多いですね。

 

ただ、思ったよりも
「ギブス」の検索数も多いです。

これはおそらく、
歌手の「椎名林檎」さんの代表曲でもある
「ギブス」も含まれているからだと思われます。

したがって、
実際の検索数を調べれば、
もっと明確な差があるでしょう。

 

ちなみに、
ギプスは英語で「gypsum」「cast
などと言います。

こちらも「b」は入っていないので、
「ギプス」の発音に近いことが分かると思います。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「ギプス」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 腕を骨折してしまったため、ギプスで固定してもらう。
  2. ギプスを足に巻いて、安静にするよう努める。
  3. ギプス」は、「石膏・焼き石膏」などを意味するドイツ語だ。
  4. 重度の骨折なため、ギプスベッドで入院した。
  5. 一般的なギプスの装着期間は、2~3か月ほどである。
  6. 手術する必要はなく、ギプスをつけるだけで十分です。
  7. ギプスを外した後は、リハビリをしなければいけない。
  8. ようやく、ギプス装着のかゆみから解放された。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

ギプス」=包帯を石膏で固めたもの。

ギプス」が正しいので、「ギブス」は誤り。

ということでしたね。

 

多くの辞書では「ギブス」の方も書かれています。

しかし、
正しくは「ギプス」ですので、
間違えないようにしましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク