この記事の所要時間: 355

 

今回は
迎合」の意味を
解説したいと思います。

「迎合」という言葉は、
新聞やニュースでもよく出てきます。

難しそうな言葉ですが、
一体どのように使うのでしょうか?

まずは、基本的な意味から
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

迎合の意味

迎合 意味

迎合」は、
げいごう」と読みます。

主に「迎合する」「迎合主義
などの使われ方が一般的です。

意味としては、
以下のようになります。

【迎合(げいごう)】

自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

迎合」とは、
人の気に入るように調子を合わせること
を言います。

簡単に言うと、
相手のご機嫌をとる」ということですね。

「迎合」の意味は、
「上司との関係」を例にすると分かりやすいです。

会社の上司との関係は、
人間関係の中でも特に難しいものです。

上司と自分の意見が、
ぴったり一致することなどはまずありません。

上司が「A」という意見ならば、
自分は「B」となるのが普通です。

もしも上司が「A」と主張しているのに、
自分は「B」と主張し続ければ、
たちまち関係は悪化してしまいます。

そこで、

上司に嫌われたくないからとりあえずAにしとくか。

と判断するようなことを、
「上司に迎合する」と言うのです。

つまり、
相手に気に入られるように、自分の考えを合わせる
ということですね。

このように、自分の意見を曲げて
相手の意見に合わせるような場合に
「迎合」が使われるのです。

スポンサーリンク

迎合主義とは?

迎合主義とは

「迎合」というのは、
政治的な場面で使うことがあります。

それは、
迎合主義(げいごうしゅぎ)
という言葉です。

迎合主義」とは、
相手の考え方に合わせようとする考え方
を言います。

頭に「大衆」という言葉がつき、
大衆迎合主義」とも言われます。

「大衆迎合主義」とは、英語で
populism(ポピュリズム)」とも呼ばれ、
大衆に気に入られるような政治をすること」を指します。

つまり、
「多くの人に気に入ってもらえるように、調子を合わせる」
ということですね。

一般的には、
「ポピュリズム」は
ネガティブな意味で使うことが多いです。

なぜなら、
大衆にゴマをすったり、
大衆を利用している考え方だと
思われているからですね。

特に、大衆の欲望や不安などを
煽るような政治をした場合に、
否定的な意味で使います。

ポピュリズム自体は、
ニュースでよく使われる言葉なので、
ぜひ覚えておきましょう。

迎合の類語

迎合 類語

「迎合」の類語には
以下のようなものがあります。

【ゴマをする】

人の気に入られるようにして、自分の利益をはかる。

【おべっかを使う】

上の人のごきげんをとったり、へつらったりする。

【尻尾を振る】

力のある者に気に入られるようにふるまう。

【機嫌をとる】

人の気に入るようにふるまう。

【鼻息をうかがう】

相手の機嫌や意向をうかがう。

【太鼓持ちをする】

人にへつらい、機嫌をとる。

【媚びを売る】

へつらって、機嫌をとる。

【歓心を買う】

人の気に入るように努め、機嫌をとる。

「迎合」の類語は
「機嫌をとる」という意味の言葉が多いです。

なぜなら、「迎合」すると
相手の機嫌がよくなるのが普通だからです。

そのため、

迎合」=「相手の機嫌をとること

という意味で使うことも多いです。

スポンサーリンク

迎合の例文・使い方

 

「迎合」という言葉は、
実際にどのように使われているのでしょうか?

例文を見て確認しておきましょう。

  1. 目上の人にばかり迎合する性格は、周りから嫌われる。
  2. あの作家は、自分の本を売るために読者に迎合している
  3. 官僚は政治家という権力に対して、迎合する傾向がある。
  4. 最近のテレビ番組は大衆迎合主義のため、ありきたりでつまらない。
  5. 消費税を撤廃するなど大衆迎合的な政策は、現実味がない。

「迎合」という言葉は、
基本的にはネガティブな使い方をされます。

なぜなら、「迎合」には
相手に気に入られようとする
という一種のずる賢さがあるからです。

ただ単に、
「相手に合わせる」という意味ならば、
柔軟性や協調性という良い意味で使えます。

しかし、多くの場合は、
自分の出世や利益のために相手に合わせる
という場合がほとんどです。

例えば、3.の例文の
権力に迎合する」という言い方です。

「権力」とは、
「国や政府などの国家機関のこと」を指します。

簡単に言うと、
「政治家の力」ですね。

官僚は、政治家の元で仕事を行っているので、
政治家に迎合するということは日常茶飯事です。

迎合するかしないかによって、
自分の出世が大きく変わってきます。

しかし、
あまりに政治家のイエスマンになると、
行政の仕事に偏りが出てしまいます。

そこで、
「権力に迎合するのは良くない」という
否定的な意味で使うということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめると、

迎合」=人の気に入るように調子を合わせること。相手の機嫌をとること。

となります。

ぜひ正しい使い方を、
マスターしていただきたいと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク