この記事の所要時間: 66

ファシズムとは 意味 簡単に わかりやすく

 

今回は
ファシズム
の意味を解説していきます。

 

一言で「ファシズム」と言っても、
なかなかイメージがしにくいですよね。

実は、「ファシズム」は
大学入試の現代文や世界史の用語
としてよく出てきます。

そのため、受験生にとっては、
とても大事な内容と言えるでしょう。

 

一体どんな意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

ファシズムの意味

 

「ファシズム」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【ファシズム】

極右の国家主義的、全体主義的政治形態。初めはイタリアのムッソリーニの政治運動の呼称であったが、広義にはドイツのナチズムやスペインその他の同様の政治運動をさす。自由主義・共産主義に反対し、独裁的な指導者や暴力による政治の謳歌などを特徴とする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記の説明だと分かりにくいため、
簡単に説明します。

 

ファシズム」とは、
国家や社会など全体の利益を最優先させる考え
だと思ってください。

一言で、「全体主義」と
呼ばれることもあります。

 

例えば、
以下のような考え方は
ファシズム的だと言えます。

  • 個人の自由よりも、国が戦争で勝つことを優先する。
  • 個人の利益よりも、国が植民地を得ることを優先する。

 

何となくイメージがつきましたか?

つまり、
一人一人の人間ではなく、
国や社会など大きな枠組みを重視する考え
「ファシズム」と言うのです。

 

「ファシズム」は「ナショナリズム」と
共通している部分があります。

「ナショナリズム」については、
以下の記事をご覧ください。

>>ナショナリズムとは?意味や問題点をわかりやすく解説

 

簡単におさらいすると、
ナショナリズム」とは、
国家主義」「民族主義」という意味でした。

この「国家主義」という考え方が
ファシズムの元になっています。

 

「国家主義」とは、
個人よりも国のことを大事にする考え方」のことです。

「ファシズム」はこの「国家主義」を
さらに発展させたものだと思ってください。

スポンサーリンク

ファシズムの語源

ファシズム 語源

 

「ファシズム」の語源は、
イタリア語の「ファッショ」に由来します。

 

「ファッショ」とは、
日本語で「束(たば)」という意味です。

「束」というのは、
「札束」「花束」などのように
何かを結合させるイメージで考えてください。

 

当時は、この束ねる行為を
「ロッド(つえ)」などの武器に使っていました。

なぜ束にしたかと言うと、
ロッドを強化するためと言われています。

1本のロッドだと簡単に壊れてしまいますが、
大きな束になれば簡単には壊れません。

 

転じて、「ファシズム」は
個人を束ねた【全体】を重んじる思想
という意味で使うようになったのです。

全体を重んじるため、当然
「個人の自由」や「個人の利益」
などは抑圧されるということですね。

ファシズムをさらにわかりやすく

ファシズム わかりやすく

 

「ファシズム」を理解するには、
歴史も知っておく必要があります。

 

元々この言葉は、
イタリアの政治家であるムッソリーニ
作った「ファシスト党」から広まりました。

時代としては、
「1922年~1943年」のことですね。

 

当時のイタリアは、
第一次世界大戦に勝ったものの、
国内は戦場となり、焼け野原となっていました。

さらに、他国から満足のいく領土も
獲得できていなかったのです。

 

そんな中、イタリア国内では
極右的(きょくうてき)
な考え方が大きくなります。

「極右」とは、
自分の国さえよければいいという考え
だと思ってください。

 

ムッソリーニはこの流れに乗じて、
「ファシスト党」を結成し、独裁者となります。

具体的にどのようなことをしたかというと、
まず、自由主義を否定しました。

 

「自由主義」とは、
個人の自由や権利を大事にする考え方です。

つまり、
「自由主義を否定する」ということは、
個人は国の命令に逆らえない」ということですね。

そのため、
「国のために戦争に行け!」
と言われたら当然断ることはできません。

 

また、ファシズムは
共産主義も否定しました。

「共産主義」については、
以下の記事を参照してください。

>>資本主義・社会主義・共産主義の意味をわかりやすく解説

 

簡単におさらいすると、
「共産主義」とは
「究極の平等社会を目指す考え」でしたね。

「共産主義」の特徴として、
「国境を超えて世界中が平等を目指す」
という考えがあります。

 

しかし、
ファシズムは世界のことではなく、
自国を優先する考えでした。

そのため、
共産主義を排除したいということですね。

 

こうして、ムッソリーニは
「自由主義」と「共産主義」を否定し、
独裁政治をどんどん進めていきました。

独裁政治なので、
国のトップがほぼ全てのことを決め、
それに逆らうものは当然暴力を食らいます。

 

当時イタリアにいた自由主義者や共産主義者は、
みんな暴力によって弾圧されてしまいました。

結果的には、この独裁政治は
イタリアが第二次世界大戦で敗戦するまで
続くことになります。

 

その後、
イタリアが戦争で負けたことにより、

「ファシズム」=「悪」

というイメージが世の中に広まりました。

そして、現在では
ドイツのナチスやスペインの政治運動にも
「ファシズム」が使われるようになったのです。

スポンサーリンク

ファシズムの定義

ファシズム 定義

 

ファシズムの大まかな意味や
歴史については理解できました。

では、ファシズムとは、
どのように定義すればよいのでしょうか?

 

「ファシズム」は辞書的な説明だと、

「狭い意味」=イタリアの独裁政治。

「広い意味」=ドイツやスペインも含めた独裁政治。

と書かれています。

 

上記のように、場面によって
意味が異なるのがファシズムなのです。

つまり、
学者の間でもどんな解釈がベストか
意見が分かれているということですね。

 

したがって、
私たち一般人としては、

ファシズム」=「独裁的な国家主義

と覚えるのが一番簡単で分かりやすいでしょう。

 

ポイントは、
独裁的な」という所ですね。

 

「普通の国家主義」は、
「ただ単に個人よりも国を重視する」という考え方です。

ところが、
「国家主義」が独裁的になると
暴力によって問題を解決したり、
他国を侵略してでも国の利益を優先する

といった危険な考え方になるわけですね。

 

国家を重視するためなら手段を選ばない

これが「ファシズム」の
大きな特徴と言えるのです。

スポンサーリンク

ファシズムの例文

 

最後に、「ファシズム」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 資本主義とファシズムは、水と油のように混じり合わない思想である。
  2. ナショナリズムという考え方をファシズムと同じにしてはいけない。
  3. 戦前の日本は、イタリアやドイツのファシズム的な思想の影響を受けていた。
  4. 社会主義もファシズムも、社会を管理するという点では似ているが、内容は全く異なるものだ。

 

4つ例文を挙げましたが、
「実際の文章はもっと難しい場合が多い」と言えるでしょう。

なぜなら、
「ファシズム」という言葉自体が、
他の難しい用語と一緒に登場するからです。

 

そのため、
ファシズム単体で覚えるのではなく、
「資本主義」や「ナショナリズム」などの言葉も
一緒に覚えておくことをおすすめします。

まとめ

 

いかがっだでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

ファシズム」=国家や社会など全体の利益を最優先させる考え。全体主義。

ということでしたね。

シンプルに、
独裁的な国家主義
と覚えてもよいでしょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク