この記事の所要時間: 353

 

今回は
悦に入る
の意味を解説していきます。

 

皆さんは、
喜びを外に出すタイプですか?

それとも内に噛みしめるタイプでしょうか?

「悦に入る」とは、そのような
人の喜びの仕方を表現した慣用句です。

 

一体、どのような意味なのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

悦に入るの意味

 

まずは、読み方です。

 

悦に入る」は、
えつにいる」と読みます。

 

よく間違われる読み方として、
えつにはいる」があります。

正しくは「えつにいる」ですので、
注意しましょう。

 

続いて、意味です。

【悦に入る(えつにいる)】

事がうまく運び、満足して喜ぶ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

悦に入る」とは、
物事がうまくいき、満足して喜ぶこと
を言います。

 

この場合の「喜ぶ」とは、
誰かにほめられた時の喜びではなく、
自分で何かを達成したことによる喜び
だと思ってください。

つまり、
「自己満足」や「自己完結」というイメージですね。

 

例えば、
コックさんであれば、
自分が作った料理の味がおいしければ、
自己満足するはずです。

また、大工さんであれば、
自分が作った家の完成度が良ければ、
喜びを感じるはずです。

 

このように、「悦に入る」とは、
自分自身が達成した喜びに対して使う表現なのです。

悦に入るの語源

悦に入る 語源

 

「悦に入る」の語源は
どこから来ているのでしょうか?

 

まず、「」という字に
注目してみましょう。

「悦」の左側は「りっしんべん」と言い、
」を表す象形文字です。

そして、
右側の上の部分は「」を、
右側の下の部分は「」を表しています。

 

つまり、
「悦」という字は
人が口で祈(いの)ることによって、心の不安が消えて喜ぶ
という意味を持っているのです。

 

ただ喜ぶだけではなく、
心の中にあった不安が消え去った結果、
喜ぶということですね。

 

また、
「悦に入る」の「入る」は、
心の中に入る」という意味です。

 

したがって、「悦に入る」は
外側へ喜びを発散させるのではなく、
心の中で喜びをかみしめる様な場合
用いられるのです。

そのため、場合によっては、
相手がその人の喜びに気づかない
ということも起こります。

スポンサーリンク

悦に入るの類語

悦に入る 類語

 

続いて、「類語」です。

 

「悦に入る」の類語は、
以下のようなものがあります。

【浮かれる】

⇒「楽しくなって心がうきうきする

【自己満足する】

⇒「自分の心の中だけで満足する

【満悦(まんえつ)する】

⇒「満足して喜ぶ

「ご満悦」という言葉があるように、
心が満ちるほど喜ばしいときに使われます。

【喜悦(きえつ)】

⇒「心からよろこぶ

「心の中で喜ぶ」という点が、
「悦に入る」と共通しています。

【勝ち誇る】

⇒「勝負に勝って満足する

「満足する」という意味が、
「悦に入る」と共通しています。

【ほくそ笑む】

⇒「思い通りになったことに満足し、一人ひそかに笑う

以上が「類語」となります。

 

慣用句は、
類語もしっかりと覚えておくと、
意味を理解しやすいです。

そのため、
できるだけイメージを
焼き付けておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「悦に入る」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 納得のいくプラモデルが完成したため、一人悦に入る。
  2. 彼は、自分の仕事ぶりに満足したのか、悦に入っていた。
  3. 今日は終始いい流れであったため、対局中にもかかわらず、一人悦に入ってしまった。
  4. プロ野球の開幕戦に勝っただけで、「今年は優勝できる」と悦に入るのはあまりに早すぎる。
  5. 彼女は自撮り写真をうまくとれたため、悦に入った表情をしている。

 

「悦に入る」は、
喜んだり満足したりするときに
使われる言葉です。

したがって、
基本的にはポジティブな場面で
使われることが多い
です。

 

ただし、
一人よがりな自己満足であったり、
勘違いした喜びを強調する場合は、
ネガティブな場面で使われる場合もあります。

例えば、
以下のような場合です。

彼女はみんなに対して愛想のいい人だ。しかし、そんな彼女に対して彼はニタニタと悦に入った表情をしていた。

この場合、みんなに愛想のいい彼女に対して
一人よがりな自己満足をしている彼を
皮肉った文章となっています。

 

「悦に入る」は、このように、
皮肉をこめて使われる場合もある
と覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は「悦に入る」
について解説しました。

まとめると、

悦に入る」=物事がうまくいき、満足して喜ぶこと。

という意味でしたね。

 

ぜひ使い方を、
マスターできるようになってください。

今回は、以上となります!

スポンサーリンク