この記事の所要時間: 447

独断専行 意味 使い方 例文 類語 英語

 

今回は
独断専行」について
解説していきたいと思います。

 

物事を判断するには、
色々な方法がありますよね。

「自分で全てを判断する」

「他人に聞いてから判断する」

「独断専行」とは、そのような
人の判断の仕方について表した言葉です。

 

一体どのように使うのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

独断専行の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【独断専行(どくたんせんこう)】

自分だけの判断に基づいて、勝手に行動すること。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

独断専行」とは、
自分だけの判断で、勝手に行動すること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

彼はいつも独断専行して、仕事を進めてしまう。

この場合は、
「上司などに質問せずに、自分だけで仕事を進める」
ということですね。

 

「独断専行」の語源も確認しておくと、

独断」とは、
一人で判断すること」です。

そして、
専行」とは「勝手にふるまうこと
ひたすら行うこと」などを意味します。

つまり、
一人で勝手に判断・行動する」ので、
「独断専行」と言うわけですね。

 

ポイントは、
勝手に」という点ですね。

「独断専行」には「自分勝手さ」という
その人のわがままさが含まれています。

したがって、この言葉は
あまり良い意味では使いません。

 

多くの場合、
「自分勝手な人」「他人の意見を無視する人」
といったネガティブな意味で使います。

イメージ的には、
「独裁者」の「」と同じ漢字だと
考えると分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

独断専行の使い方

 

では、「独断専行」は、実際に
どのような場面で使うのでしょうか?

よくある3つのケースを挙げてみました。

 

①ビジネス

 

すでに説明した通り、
ビジネスを行う上では

独断専行」=自分の判断で仕事を進める。

という意味になります。

 

入社して間もない新入社員などは、
分からないことが特に多いですよね。

そんな時、
「独断専行」で仕事を進めてしまうと、
上司から反感を食らってしまいます。

経験が浅い場合は、
まず周りの人に聞くようにしましょう。

 

②スポーツ

 

スポーツの場合は、
チームプレーを無視して、行動する
といった意味になります。

 

例えば、

野球」であれば「送りバントなどの自己犠牲を拒否する」

サッカー」であれば「自分がゴールすることしか考えない」

といったことですね。

 

「スポーツ」というのは、
選手以外にも「監督」「コーチ」など
様々な人がいて成り立つスポーツです。

これらの人の考えを無視した行動は、
「独断専行」と呼べるわけですね。

 

③政治

 

「政治」の場合は、
上の地位にいる人が、思う通りに行動する
という意味になります。

 

例えば、「首相」であれば、
「大臣や議員に相談せず、自分の考えのみで行動する」
といったことですね。

政治に対して使うのは、
日本のような健全な国であれば、
比較的少ないかもしれません。

 

しかし、
世界的に見れば独裁国家などは
多く存在しています。

したがって、
国のトップなどが暴走した場合は
まさに使いやすい言葉と言えるでしょう。

スポンサーリンク

独断専行の類語・英語訳

独断専行 類語

 

「独断専行」の
「類語」も押さえておきましょう。

【我田引水(がでんいんすい)】

他人の事を考えず、自分に都合がいいように行動すること。

※自分の田んぼにだけ、水を引き入むことから。

【勝手放題(かってほうだい)】

勝手に物事を行うこと。

【自分勝手(じぶんかって)】

自分の思うがままに行動すること。

【得手勝手(えてかって)】

他人は考えず、わがまま放題行うこと。

【傍若無人(ぼうじゃくぶじん)】

他人を無視して、勝手にふるまうこと。

以上、
5つの「類語」を紹介しました。

 

いずれも共通しているのは、
自分勝手・好き放題・他人を考えない
といった意味ですね。

関連記事:>>エゴイズムの意味とは?対義語や例文も解説

 

また、「独断専行」は
英語」だと次のように言います。

arbitrary decision and execution

 

それぞれの意味を説明すると、

「arbitrary」=「勝手な・独断的な」

「decision」=「決定」

「execution」=「実行」

という意味です。

つまり、
勝手に決定や実行を行う
ということですね。

 

例文だと、

His action was arbitrary decision and execution.
(彼の行動は独断専行であった)

などがあります。

独断専行の例文

 

最後に、「独断専行」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 君はまだ経験が浅いんだから、独断専行しない方がいい。
  2. 独断専行せずに、同僚や上司にアドバイスを求めなさい。
  3. 彼の独断専行な判断に、周りも怒りを覚えているようだ。
  4. 独断専行で行った事業は、責任を持たなければならない。
  5. 社長は部下の意見を無視して、独断専行な判断を下した。
  6. あの政治家の判断は、独断専行と言われても仕方ない。
  7. 独断専行せずに、コーチの意見にも耳を傾けるべきだ。

 

文法的な使い方としては
「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」
など幅広く使えますね。

その中でも、
「名詞」として使うことが比較的多い
と言えるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

独断専行」=自分だけの判断で、勝手に行動すること。

ということでしたね。

 

「独断専行」することは、
必ずしも悪いわけではありません。

場合によっては、自分だけで
判断する方が良い時もあるでしょう。

 

しかし、自分の知らないことは、
私たちが自覚している以上に多いものです。

そんな時は「独断専行」せずに、
周りに相談しながら物事を進めていきましょう。

スポンサーリンク