この記事の所要時間: 436

 

今回は
別状」と「別条
の違いを解説していきます。

 

「べつじょう」という言葉は、
2通りの言い方があるようですね。

「命に別状はない」

別条なく暮らす」

上記の「べつじょう」には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

また、どちらを使うべきなのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

別状の意味

 

まずは、
「別状」の意味です。

【別状(べつじょう)】

普通と変わった状態。異状。

出典:三省堂 大辞林

別状」とは、
普通と変わった状態」という意味です。

 

例えば、
以下のような使い方をします。

事故にあったが、命に別状はなかった。

この場合は、
命に対して、変わった状態はなかった
ということですね。

 

「別状」は「命に別条はない」
という使い方が多いです。

主に、怪我人や病人の安否を
伝えるような時によく使います。

 

ちなみに、
「そもそも状態の意味があやふや」
という人も結構多いようです。

そのため、理解があやしい人は、
先に以下の記事を確認しておきましょう。

>>状況と状態の違いとは?意味や情況の使い分けも

別条の意味

 

続いて、
「別条」の意味です。

【別条(べつじょう)】

変わった事柄。

出典:三省堂 大辞林

別条」とは、
変わった事柄」という意味です。

言いかえると、
他と違った事柄」ということですね。

 

例えば、
以下のような使い方をします。

「当方は、別条なく暮らしております」

この場合は、
「特に変わったことはなく無事に暮らしている」
という意味ですね。

 

「別条」は後ろに「~なく
という言葉がつくことが多いです。

もちろん、「別条はない」
という使い方もできます。

スポンサーリンク

別状と別条の違い

別状 別条 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

別状」=普通と変わった状態。

別条」=変わった事柄。

ということでした。

 

別状」と「別条」には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

まずは、
それぞれの漢字の語源に注目してみましょう。

別状」の「状」は、
「状況」「状態」「実情」「異状」
などの語から来ています。

「状」には、元々、
すがた・かたち」という意味がありました。

ここから転じて、「様子・状態」
などの意味になったのです。

 

一方で、
別条」の「条」は、
「箇条」「条項」「条約」「条文」
などの語から来ています。

「条」は、元々、
細長い枝」という意味があり、そこから、
ひとくだりずつに書き分けた文
という意味になりました。

ここから転じて、
「事柄・こと」という意味になったのです。

 

整理すると、

別状」=普通のときと特に変わった状態

別条」=普通のことと特に変わった事柄

となります。

つまり、
ほとんど同じ意味だが、わずかに違いがある
ということですね。

しかし、
違いがあるといっても、
「状態」と「事柄」というのは、
境界があいまいな場合もあります。

実際の所、
この辺りの明確な使い分けは、
どうすればよいのでしょうか?

 

さらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

別状と別条の使い分け

別状 別条 使い分け

 

結論から言うと、

どちらを使ってもよいが、
しいて言うなら「別条」の方を使うべき。

と言えます。

 

まず、
新聞やテレビなどの報道機関は
別条」の方で統一
しています。

逆の言い方をすると、
別状」の方は一切使わない
ということですね。

 

「メディア」というのは、
漢字の混同を嫌う傾向にあります。

したがって、
まぎらわしい漢字がある場合は
基本的に統一するのです。

 

一般的には、
メディア以外の業界も「右にならえ」で
別条」の方を使っているようです。

 

では、なぜ「別条」の方に
統一しているのでしょうか?

 

これはおそらくですが、
漢字の歴史に基づいた判断だと思われます。

別条」の方は、江戸時代の頃から、
浄瑠璃や滑稽本などに多くの用例が載っています。

以下、引用です。

内の用心を見やうと思って、手燭を持って表裏を見たが、別条もなし。

出典:浮世風呂 全編上

「イヤ、別条があるよふだ。」

出典:東海道中膝栗毛 二編上

御修行のお方と聞けば別条もあるまい。

出典:一谷嫩軍記 二段目

 

一方で、「別状」の方は、
近代の文学作品などから登場しています。

「近代」については、
以下の記事を参照してください。

>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

 

以下、引用です。

命に別状はなさそうだが、ものの役に立つかどうかあやぶまれた。

出典:幸田文「おとうと」

「詰めてなさって、根気なことでございますなぁ」
といってきた番頭にも別状はなかった。

出典:中野重治「むらぎも」

「ハイ、御蔭様で別状も無いようですが、」

出典:木下尚江「火の柱」

 

つまり、
元々「別条」と書いていたものを
時代と共に「別状」と書くようになった
わけですね。

「べつじょう」には、
「異状」という意味もあります。

そのため、
近代になって「別状」と書く習慣が
広まったのだと思われます。

まとめ

 

今回の内容をまとめると、

別状」=普通のときと特に変わった状態

別条」=普通のことと特に変わった事柄

意味自体はわずかに違うが、
実際は「状態」と「事柄」は
境界があいまいなこともある。

そのため、
メディアは「別条」で統一している。

したがって、
どちらを使ってもよいが、
しいて言うなら「別条」の方を使うべき

となります。

 

基本的には、
どちらも使うことができます。

ただし、
漢字本来の歴史から言えば、
別条」の方が元からあった漢字
だということは覚えておきましょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク