この記事の所要時間: 513

 

今回は
別紙」と「別添
の違いを解説していきます。

 

会社の書類を新たに作るときに、
「別紙」と「別添」の2つがあると思います。

別紙を参照の上」

別添を参照して~」

どちらも、契約書などに
別の書類を付ける時に使う言葉ですよね?

 

さらに似た言葉として、
添付」もあるようです。

これらの言葉は、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

別紙の意味

 

まずは、
「別紙」の意味です。

【別紙(べっし)】

別の紙。そのものとは別に添えた紙。

出典:三省堂 大辞林

別紙」とは、
別の紙。別に添えた紙」という意味です。

 

使い方としては、

  • 別紙参照
  • 別紙に書く
  • 別紙を用いる

のように使います。

 

つまり、
メインの書類ではなく、
補足的につける紙」ということですね。

 

「別紙」は、
自作の添付資料を指すことが多いです。

例えば、
自分で作って、メインの書類に
つけ足した紙のようなことですね。

 

また、「別紙」という言葉は、
それ自体が「名詞」です。

よって、
「別紙する」などという
使い方はできません。

別添の意味

 

続いて、
「別添」の意味です。

【別添(べってん)】

別に添えること。

出典:三省堂 大辞林

別添」とは、
別に添えること」を言います。

 

使い方としては、

  • 別添参照
  • 別添の書類
  • 別添された書類

のように使います。

 

つまり、
メインの書類に補足的に書類をつけ足すこと」を
「別添」と言うわけですね。

 

「別添」は、
外部の参考資料を指すことが多いです。

例えば、
他の資料・書物などのコピーや引用
を添付するような場合ですね。

 

ちなみに、
「別添」という言葉は、
本来は「動詞」です。

よって、
正式には「別添する」
という使い方が正しくなります。

スポンサーリンク

別紙と別添の違い

別紙 別添 違い 添付 意味 

 

ここまでの内容を整理すると、

別紙」=別の紙。別に添えた紙。

別添」=別に添えること。

ということでした。

 

両者の違いは2つあります。

 

1つ目は、
使い方の違い」です。

 

別紙」は、主に、
自作の添付資料をつける時に使います。

一方で、
別添」は、主に、
外部の参考資料をつける時に使うのです。

 

これは、
両者の本来の目的を考えると簡単です。

 

「別紙」は、メインの書類だけだと、
物理的に書ききれない場合に補足する紙です。

一方で、「別添」は、
メインの書類と関連性がある時に補足する行為です。

つまり、
どちらも補足的な事項ですが、
補足の種類が違うということですね。

 

2つ目は、
文法的な違い」です。

 

すでに説明した通り、
「別紙」は「別の紙」
という名詞を表した言葉です。

一方で、
「別添」は「別に添える」
という動詞を表した言葉です。

したがって、
別紙する」と書いたり、
書類のタイトルに「別添」と書くのは、
正式には間違いであることが分かると思います。

 

ただし、
別添」の方は、
実際は名詞として使うことも多いです。

漢字というのは、
多くの人が間違った使い方をすると、
それが正解になってしまうことがあります。

「別添」などは、
その典型と言えるでしょう。

 

まとめると、

別紙」=自作の添付資料をつける時に使う。(名詞)

別添」=外部の参考資料をつける時に使う。(本来は動詞)

となります。

関連記事:>>表記と標記の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>破棄と廃棄の違いとは?処分の意味も解説

 

補足すると、

実際の会社では、
必ずしも上記のように使い分けている
わけではないようです。

もしも、
会社内で統一した基準があれば、
それに従うのが無難と言えるでしょう。

スポンサーリンク

添付の意味

 

似たような言葉として、
添付」もあります。

「添付」の意味も
確認しておきましょう。

【添付(てんぷ)】

書類などに、その補足として他の物を付け加えること。

出典:三省堂 大辞林

添付」とは、
つけ加えること」を言います。

 

使い方としては、

  • 書類に添付する
  • 契約書に添付する
  • メールに添付する

のように使います。

 

「添付」は「つけ加える」
という動詞を表した言葉です。

したがって、
名詞を表す「別紙」とは
異なることがすぐに分かると思います。

 

また、
「別添」との違いですが、
意味自体はほぼ同じです。

ただし、
使い方が若干異なります。

 

先ほど、
「別添」は本来は「動詞」にも関わらず、
「名詞」として使うことも多いと述べました。

その理由は、動詞として使う場合は、
こちらの「添付」を使うことが多いから
です。

 

つまり、

添付する」とはよく言うが、
別添する」とはあまり言わない。

ということですね。

 

これは、意味や文法の問題ではなく、
慣習的なものと言えるでしょう。

よって、一般的には、
「別に添える行為」は「添付」
を使うことが多いのです。

 

ちなみに、
「添付」は「貼付」の意味と
混同している人が非常に多いです。

そのため、以下の記事も
確認しておくことをおすすめします。

>>添付と貼付の違いとは?意味や読み方も解説

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【別紙の使い方】

  • 別紙参照の上、押印をお願い致します。
  • 本契約書への補足事項としては、別紙を参照してください。
  • 契約書に書ききれないので、別紙を付け足しました。
  • 別紙に記載されている内容もご確認ください。

 

【別添の使い方】

  • 別添の書類を参照した上で、割印をお願い致します。
  • 本契約書の関連事項は、別添の書類に記入いたしました。
  • 別添した書類に地図が記載されているので、ご確認ください。
  • 本契約書の違約事項は、別添を参照してください。

 

【添付の使い方】

  • 添付された書類も必ず確認してください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

別紙」=別の紙。別に添えた紙。名詞として使う)

別添」=別に添えること。(本来は動詞だが、名詞が多い)

添付」=付け加えること。動詞として使う)

ということでしたね。

 

「別紙」は自作の添付資料、
「別添」は外部の参考資料をつける時に使う。

と覚えておきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク