この記事の所要時間: 452

アンビバレンスの意味 使い方 例文 心理

 

皆さんは、
アンビバレンス」という言葉を
聞いたことがありますか?

 

「アンビバレンスを感じる」

「アンビバレンスに陥る」

一見すると、
難しい言葉にも見えますね。

しかし、
実は「アンビバレンス」は、
私たちの日常生活にあふれています。

もしも正確な意味を理解できれば、
大きな気づきを与えてくれるでしょう。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

アンビバレンスの意味

 

「アンビバレンス」
の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【アンビバレンス(ambivalence)】

同一の対象に対して、愛と憎しみのような相反する感情や態度が同時に存在していること。両価性。両面価値。

出典:三省堂 大辞林

アンビバレンス」とは、
同一の対象に対して、相反する感情を同時に持つこと
を言います。

「相反(あいはん)する」とは、
お互いが対立する関係になる」という意味ですね。

 

具体例を挙げましょう。

 

以下に簡単なストーリーを用意しました。

A君は大学に合格するために、
受験勉強を始めました。

ところが、
A君には付き合っている彼女がいます。

 

最初は、彼女に会うと勉強時間が減ってしまうため
会いたくない」と思っていました。

一方で、「好きな彼女に会いたい
という気持ちも次第に芽生えてきました。

 

結果的に、A君は
彼女に会いたいけど、会いたくない
という相反する感情を抱くことになります。

このような時、
「A君はアンビバレンスを抱いた」
と言うわけです。

 

何となくイメージがつきましたか?

つまり、
心の中に正反対の感情が同居すること」を
「アンビバレンス」と言うわけですね。

 

元々この言葉は、
「フロイト」という学者が
唱えた精神分析の用語でした。

彼は、「アンビバレンスを抱くとき、自分にとって
望ましくない方の感情がその人に影響を与える

と主張しました。

 

例えば、
ライバルに対して「好き」と「嫌い」の
両方の気持ちを抱いたとしましょう。

この時に、
「自分がライバルを尊敬していること」
を認めたくないために、敵対心をむき出しにしてしまう
ようなことがあるかと思います。

 

このように、本来の意味としては
望ましくない感情が無意識に人を抑圧する
という意味で使われていたわけですね。

転じて、現在では
「相反する感情を同時に持つこと」
という意味で広く一般に使われているのです。

スポンサーリンク

アンビバレンスの使い方

アンビバレンス 使い方 例

 

「アンビバレンス」の使い方を
具体例と共に見ていきましょう。

 

①家族

 

家庭内で「アンビバレンス」
を抱くことは多いと言えます。

 

例えば、
父親」と「子供」の関係です。

一般的には、一家の大黒柱として
働いてくれる「父」に対して、
「子」は尊敬の念を抱きますよね。

 

しかし、
ある日突然、父の見たくはない一面を
見てしまってはどうでしょうか?

当然のごとく、
「尊敬」と「軽蔑」という正反対の感情
持つことになるでしょう。

このような時、
「子は父にアンビバレンスを抱いた」
と言うわけですね。

 

②仕事

 

「仕事」に対しても、
「アンビバレンス」を抱くことは多いです。

「仕事」というのは、
働けば働くほどお金はたくさんもらえます。

一方で、仕事をすればするほど、
自由な時間は減ってしまうでしょう。

 

すると、
以下のような相反する感情が
芽生えることになります。

  • 「お金が欲しいから働きたい」
  • 「遊びたいから働きたくない」

つまり、
働きたいけど、働きたくない
という感情になるわけですね。

 

③スポーツ

 

スポーツ選手も例外ではありません。

よく挙げられるのが、
プロ野球の投手です。

 

一般的には、
投手の肩・ヒジは消耗品と言われています。

そこでオフシーズンに入ると、

  • 「球速・制球力を上げるために投げ込みたい」
  • 「疲労を取るために肩・ヒジを休みたい」

といった気持ちが芽生えます。

 

練習したいけど、休みたい

まさに、
「相反する感情」と言えますね。

 

以上、3つの具体例を挙げました。

 

ちなみに、
「アンビバレンス」とよく似た言葉で
ジレンマ」があります。

関連記事:>>ジレンマの意味とは?葛藤との違いも解説

 

この2つを混同している人は非常に多いです。

そのため、
上記の記事も確認しておくことを
おすすめします。

スポンサーリンク

アンビバレンスの例文

 

「アンビバレンス」という言葉は、
実際の文章でどう使われるのでしょうか?

例文で確認しておきましょう。

 

  1. アンビバレンスとは、同一の対象に矛盾した感情を抱くことである。
  2. 彼は、彼女への「愛情」と「憎悪」というアンビバレンスを抱いた。
  3. フロイトは、「アンビバレンス」によって人間の本能が相反すると主張した。
  4. 「好きだが嫌い、嫌いだが好き」というアンビバレントな感情に揺さぶられる。
  5. 今の私は、「受容」と「拒絶」というアンビバレントな心理にある。
  6. 警察官は、「強い正義感」と「不正に対する憎しみ」という一見アンビバレントな要素を持ち合わせていなければならない。

 

ちなみに、
アンビバレン」と言うこともあります。

「アンビバレント」とは、
アンビバレンス(名詞)が形容詞になったもの
だと思ってください。

 

英語と日本語で比較すると、

ambivalence(名詞)」=両価性。両面価値。

ambivalent(形容詞)」=両価的な。両価性の。両面価値の。

となります。

どちらもよく使われるので、
両方とも覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

アンビバレンス」=同一の対象に対して、相反する感情を同時に持つこと。

でしたね。

「アンビバレンス」を抱くことは、
決して悪いことではありません。

むしろ、
人間として当然の心理と言えるでしょう。

 

ぜひ、この機会に
正しい意味を覚えてみて下さいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク